メニュー
閉じる

TEL 0771-22-5846

営業時間 9時から17時(電話 8時より)
※番号をお確かめの上、お間違えのないようご連絡ください。

船頭だより
歴史ブログ

~こんな会社の物語~ 保津川観光ホテル

<~こんな会社の物語~ 保津川観光ホテル>
JR亀岡駅北口から望むと、コンクリート造りの古びた建物が目に留まる。この建物は昭和33年(1958)に保津川下りの乗船施設として建設された「旧保津川観光ホテル」だ。戦後日本の復興をいちはやく察知し、大型観光時代がやってくると確信していた当時の保津川下り社長・川本直水氏(京聯自動車社長)は、350年の伝統ある舟下りとして知られる保津川下りが、必ず観光舟下りとして「日本を代表する観光施設」になると読み、その戦略として本社機能を備えた「保津川下り乗船場兼ホテル」を建設した。同ホテル開業式には、政財界や芸能界からも多数来賓が招かれ盛大に行われた。1Fは保津川下りの乗船券売り場と待合室。2~3Fはエントランスやホテルスペース、浴場など、4Fには宴会場まであった。昭和30年代では最も先進的な複合型レージャ施設であった。戦後、観光大衆化の流れのなか、保津川下りも一般に開放され「誰でも楽しめる舟下り」のイメージを確立していく。
この保津川観光ホテルはしばらく亀岡商工会館として使用されていたが、今は閉館され固く扉を閉ざしている。過去の栄光を語ることなく・・・

ページ先頭へ