メニュー
閉じる

TEL 0771-22-5846

営業時間 9時から17時(電話 8時より)

船頭だより
歴史ブログ

~こんな会社の物語~

<~こんな会社の物語~>
第二次大戦後の保津川下り。戦地から多くの船頭が帰ってきたところで、京聯の川本直水氏によりはじめて保津村、山本村の通船が合併法人化され「保津川下り」という名称に統一されました。立志伝の人・川本氏は政界、財界、芸能界など幅広い人脈を活かして「観光保津川下り」を日本国内に発信しました。時代は高度経済成長の追い風もあり、観光業に大型団体バスツアー(マス・ツーリズム)形態が生まれ、京都観光における保津川下りの知名度を不動のものにしました。しかし、事業不振の資金不足から昭和39年、阪急電鉄株式会社に売却され、保津川下りは船、船頭ごと、大資本の配下に組み込まれたのでした。写真は旧乗船場に併設されていた保津川観光ホテル(旧亀岡商工会館)の宿泊客が、浴衣姿で乗り込む模様が撮影されています。

ページ先頭へ