120530_081751.jpg image.jpg image_2.jpg image_3.jpg

去る5月30日岩つつじの 植樹が保津峡区間で行われました。

この事業は、京都府、亀岡市、亀岡市観光協会、亀岡山野草を守る会、保津川遊船企業組合が40年以上続けている事業です。

そもそも、植樹をしなければならなくなった理由は、度重なる増水で岩つつじが流されたり、心無い人が持ち去ったりと減少するのを何とか食い止めようと亀岡山野草を守る会の皆様が自宅で苗を増やしてくださっています。

その甲斐あって保津峡には大変見事に咲く岩つつじが群生し、6月の季節を彩ります。

当日は、一番船の船頭が植樹に来られた方を植樹場所へとご案内しました。

今年植樹された苗木2千本総てが根付けば良いのですが、枯れたり増水で流されたりと自然界の厳しさに耐えた苗木だけが生き残ります。

40年間保津峡の岩つつじを植樹してくださる皆様に感謝です。

taka