20100713105426.jpg 20100713105415.jpg

写真を撮った時点で保津川の水位は1メートル56センチでしたが、今現在2メートルに迫る勢いで増えています。

 今回の船守は、「山本支部」です。

 前回も、山本支部は船を丘に上げる作業を夜中にしてくれました。

今回も、船を丘に上げるか、思案している最中だと思います。

 何故、早めの行動を取らないのか、疑問に思われる方もおられるかと存じますが

、遊船の船溜まりには、予備船も含めて63隻有り、

それを移動さす為には、普段嵐山から船を輸送しているトラック会社のトラック数台に、

丘と船溜まりを、船を積んで32往復して運ぶという気の遠くなる様な作業が有るのです。

 そのほか丘に一台、船溜まりに一台のクレーン車を配置し、船のフックにクレーン車のフックを引っ掛け吊り上げる、

根気のいる作業をします。

 もちろん運送会社に支払う経費が掛かります。

 運航中止で収入が断たれているのに経費だけは、掛かるのです。

だから、極力船を渓流出来るとこまで見守るのです。

ですが、今は「安全第一」に徹して雨雲レーダーと「にらめっこ」をしながら予測し、

早め早めの行動で丘に上げる様にしています。

何はともあれ、山本支部の久保田支部長さんを始め、

役員さんは、遊船乗船場に待機してくれていると思います。

早く、梅雨明けしてくれるのを祈るばかりです。

 山本支部のみなさん、まだまだ降ると思いますので頑張って下さい。

taka