涙雨 頬を伝うは 花ひとひら

なみだあめ ほほをつたうは はなひとひら

 

今日は、春の嵐が保津川に吹き荒れ、にわか雨が降るなど荒れた天気でした。

早咲きの桜の花びらが、はらりはらりと落ちていく様は、どこかさみしいものです。

そして、残念ながら14:20をもって、安全運航上、運行中止となりました・・・。

みなさんとともに、春の保津川を愛でながら舟下りと思っていましたが、本当に残念でしかたありません・・・。

 

 

昨晩の雨に濡れた桜。

風にあおられ、はらりはらりと舞い散る花びら。

頬を伝う涙がごとく、頬を伝うは、花ひとひら・・・。

頬を伝う涙がごとく、天を伝うは、なみだ雨・・・。

 

なみだあめ【涙雨】①涙が化して降るという雨。②ほんの少し降る雨。(広辞苑第六版)

 

そのような天気、そのような心模様でしたが、舟下りするうちに、心も晴れやかになってきました。

まだまだ、保津川の桜はこれからなのです。

 

乗船場の桜は5分咲きぐらいでしょうか。

 

 

女渕の桜は右岸から左岸へ移ろってきました。

 

 

小倉山の山桜が咲き始めています。

 

 

「星のや 京都」の桜、大悲閣千光寺の桜も見頃へと・・・。

 

 

嵐山の桜谷の桜はほぼ満開でしょうか。

 

 

ご予約、ご予定をされていたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしました。

お時間がございましたら、春の保津川へお越しください。

まだまだ、保津川の桜は笑顔でみなさんをお待ちしております。

もちろん、私たち船頭も満開の笑顔で!!

 

 

 

船士魂