保津絵巻 墨にさしたる 紅雪かな

ほづえまき すみにさしたる べにゆきかな

 

今日は雪降る保津川となりました。

船溜まり(舟の係留場)には、氷が張り、舟を出すのも一苦労!まるで砕氷船!!(笑)

出航時は雪が止み、水墨画に朱を落としたような優美な景色を楽しみ・・・

 

のはずが・・・

保津峡に入ると、粉雪、細雪、そして牡丹雪へと・・・

視界を遮るほどの雪、ゆき、ユキ、Snow ・・・

お客さまに「寒かったら交代しましょうか?」って尋ねても、誰も代わってくれません(笑)

だって、お座敷暖房船でぬっくぬく・・・ですもんね!

我ら船士は、竿をさす手もかじかんで、ほぼ感覚なし(泣)

しかし、小倉山に近づくと、だんだんと晴れ間がのぞき・・・

甘美な小倉山とご対面!

 

 

刻一刻と、移りゆく天候、映りゆく景色。

雪の保津川。

保津絵巻最終章へのいざない。

 

今日のお客さまは、ほんとよかったですね。

雪の保津峡、なかなか拝めないものなんですよ。

それではまた、保津絵巻第〇章でお逢いしましょう!

 

船士魂