うつりゆく なごりもみじよ みずかがみ

 

もみじ葉たちの秋の舞台は幕を閉じようとしている

 

静々と時を待つ冬舞台

晴々と時に起く春舞台

凛々と時に立つ夏舞台

燦々と時を舞う秋舞台

 

保津峡の秋を彩ったもみじ葉たち

今まさに空に舞おうとしている

 

この一年の想いを浮かべながら

鏡に自分の姿を映してみるかのよう

 

私もまた保津川に想いを浮かべる

映るもみじ葉に自分を重ねて

 

移ろう季節に明日を浮かべる

そして、時はまた流れていく・・・

 

今日は朝霧の中を春日部の高校生とともに

名残のもみじを楽しみました。

“なごりもみじ”と“ fresh leaves ”

そうやって、時は連なっていくのですね。

 

朝霧の中を“なごりもみじ”とともに

秋の舞台を楽しんでみませんか

 

船士魂