京都中部広域消防組合にお世話になり、救命講習会を開いていただきました。

今日・明日と二日間に分け、二年に一回、船士が順番で勉強します。

 

今日は、二支部と三支部の21人のメンバーで講習を受けました。

 

普通救命講習の他に、2005年から専門家以外にも使用の認められた、

自動対外式除細動器(AED)の指導も受けました。

安心して保津川下りを楽しんでいただけるように、これからも救命の勉強をしていきます。

指導にあたってくださった消防署のみなさん、どうも、ありがとうございました。

これからは、秋の行楽シーズンです。

是非、保津川の自然美を見に来てくださいね。大船に乗ったつもりで・・・

 

T-ATSU