保津川下りの終盤、右手に見える嵐山中腹にある大悲閣千光寺

保津川を開削した角倉了以が建立し、開削工事で亡くなった人々を弔った歴史あるお寺です。その千光寺にあり、老朽化が進んでいた観音堂の大悲閣が、京都の企業家の寄付により、遂に改修することになりました!

 

普段は工事中につき、平日は参拝不可ですが、船頭特別で取材をさせて頂きました!

裏門から入らせて頂き、工事の様子を拝見

大林住職にお話を聞かせて頂きました。

住職が立っておられる月待台も今回約50年ぶりに復元したもの、回りにはもみじが青々と茂っています。

完成の折には、京都を一望できる大悲閣からは眺めは必見です!

棟上が6月末、秋には完成予定との事。紅葉には間に合いそうです(^^)v

 

住職曰く「嵐山に4回目のお越しの際は大悲閣に」と。

その心は、最初の数回は有名所を回り、4回目に嵐山に来た時には大悲閣に来て、改めて嵐山の奥深さを味わって欲しいとの事。

ただ、ここからの景色は何度も見たくなる絶景です(^_^)

GW中は一般参拝も出来ます、工事中は今しか見れないのでお勧めです!  寿

こちらも見てください  ↓

大悲閣千光寺ホームページ