今も昔も、保津川の景色はそんなに変わりません。

慶長11年から丹波の物資を運び始めた高瀬舟も、

明治32年から観光船へと時代は移りかわりますが、保津川下りのパンフレットの表紙に使われている場所がここなんですけど、

今昔の写真の見比べをします。

 

これは、明治?年の写真。

これは平成。

 

これは、明治。

これは、平成。

どちらも、落差の大きい小鮎の滝ってところです。

見比べたらおもしろいでしょう。ほとんど変わってへんもん。

とにかく、自然は豊かですよ。

JR嵯峨野線を京都駅から亀岡駅まで。快速電車に乗って、約20分の場所にこんなところがあるんです。

気持ち、よろしおすわ。   いっぺん、来ておくれやす。

 

T-ATSU