さて、秋のシーズン到来だ、気合を入れて意気込んだ3連休。

気がつけば・・・雨​・・・雨・・・。
今年は本当に雨とご縁がある。
屋根はあるものの、屋外観光である保津川下りにとって雨は天敵?
本降りのような激しい雨でなくても、細かい霧雨が降ってもダメージはあります。
空模様ばかりはどうしようもありませんが、雨の日には雨の日ならではの趣があるのが保津川。

ありのまま自然を体験できるのが保津川下りならば「秋は雨の​日でも趣があるな~」と感じて頂けるような、風情ある案内サービスを提供していきたいものです。

自然はあらゆる天候、季節など環境にあっても、それぞれの趣きがあり、
感性を研ぎ澄ませば、そこにしかない魅力に気がつくものです。

靄にけぶる山々はまるで大きな深呼吸をしているような息遣いを感じます。

川は山から流れ出る無数の小さな谷水を集め、大河へと広がります。

その寸分の狂いもなく繰り返される自然のシステムに心を向けください。
雨=悪条件・・・という固定観念から、少し離して、自然のはたらきの息吹を

感じてみませんか?
お客様にそのことを気づいていただける案内するのは、毎日、この川を下っている私たちの努め。!

自らも感性を研ぎ澄まし、雨舞う保津川の自然と対話してみるの趣深いものでしょう。

(八)