2013年5月3日(金・祝)

『第41回亀岡光秀まつり』が行われます。

 

戦国時代の武将・明智光秀公は、織田信長に丹波攻略を命じられ、亀岡盆地に進出。天正5(1577)年に、丹波亀山城を築き、初代丹波亀山城主として丹波亀山(現・亀岡市)を治めました。

そして、天正10(1582)年6月、丹波衆1万3千の兵を率いて、本能寺へと向かい、信長を討ちます。これが、みなさんもご存じの「本能寺の変」です。

これにより、光秀公と言えば、「謀反人」「逆臣」といった悪名が代名詞となりましたが、ここ亀岡では、善政を行った名君、生涯側室を持たなかった愛妻家として親しまれています。

『亀岡光秀まつり』は、光秀公の遺徳を偲び、顕彰する市内最大規模のまつりで、勇壮な武者行列を再現する「明智光秀公武者行列」が城下町周辺を練り歩きます。

また、JR亀岡駅南側の南郷公園では、『かめまるフェスタ』と称して各種イベントが行われ、亀岡は、明智光秀一色に染まります。

 

詳しくは下記をクリック!!!

『亀岡光秀まつり』 亀岡市観光協会HPより

『明智光秀 ~1人でも多くの人に知ってもらいたい~』 亀岡市観光協会HPより

 

戦国時代の武者行列のあと、江戸時代より続く保津川下りへと・・・

光秀の新たな一面に、亀岡の新たな一面に、そして京都では味わえない、Deepな京都に出逢える旅。

そんな旅はいかがですか?!

 

 

船士魂