100430_1348~0001.JPG 100430_1453~0001.JPG 100502_2142~0001.JPG

昔、京都と亀岡は別の国でした。

えっ!?

 と思われる方もおられるでしょうが、確かに別の国だったのです。

 京都は、山城の国 亀岡は、丹波の国 そういうと、なるほどと思われるでしょう。

亀岡は昔、丹波亀山といい、戦国時代明智光秀が領地を治めていました。

光秀はゆかりの地である亀岡では、ただいま亀岡市文化資料にて、

 『明智光秀〜今よみがえる!光秀の実像〜』

が展示開催されております。

この展示では、 明智光秀画像 (本徳寺像)や光秀直筆の書状など、光秀に関する資料が多数出品されており、

 光秀ファンはもちろんのこと、戦国ファン、歴史ファンにはたまらない展示会です!

 この展示会には、きっと、『本能寺の変』の謎が隠されているはず。

 僕は、そのように考え鑑賞してまいりました。

 ぜひぜひ、皆様も、歴史のロマンに触れてみてはいかがでしょうか。

 ◆会期 平成22年4月29日(木・祝)〜6月6日(日)

   ※毎週月曜日と5月6日(木)・7日(金)は休館日

 ◆会場 亀岡市文化資料 展示室1・2

  京都府亀岡市古世町中内坪1

  TEL 0771-22-0599

  JR 亀岡駅から徒歩7分

 保津川下り乗船場から徒歩10分

 (by さいたに屋)