この写真は、保津川下りから渡月橋をもているところです。

渡月橋の向こうに側に東山が見えます。

この写真がしめすあたりに霊山(りょうぜん)があります。

東山の霊山には、坂本龍馬をはじめとする幕末の志士たちの墓があり、

今や大河ドラマの影響もあることから、大変多くの人々が訪れています。

私が、「さいたに屋」というペンネームにしているのは、

坂本龍馬の家の屋号が「才谷屋」(さいだにや)で、

また、龍馬自身が幕府から取り締まりされていた時に、

「才谷梅太郎」

という偽名をつかっていたところからです。

常に私が嵐山で東山を仰ぐとき、

坂本龍馬・中岡慎太郎は、いまの日本を見守ってくれている!

と思うのです。

 

幕末の時代、多くの人々の血がながれました。

倒幕側も幕府側も、どちらも日本を憂い戦い、そして、命をおとしました。

  

 このような歴史を通って、今、私達は生かされているのだ!

と思います。

坂本龍馬や中岡慎太郎、

そして、多くの先人達に恥ずかしくない日本にしていかねばなりませんし、

未来の子供達に、平和な世の中を引き継いでいかねばなりません。

 

【京都霊山護国神社】【霊山歴史館】

●アクセス/京阪「祇園四条駅」下車、徒歩15分

京都駅から市バス206系統で「東山安井」下車、徒歩7分

京都霊山護国神社 拝観料300円

問い合わせ/075-561-7124

 

霊山歴史館 拝観/大人700円

問い合わせ/075-531-3773

 

 

(さいたに屋)