120525_134903.jpg 120609_160720.jpg

来る8月24、25、26日亀岡市で海ごみサミット亀岡保津川会議が開催されます。

なぜ、海に面していない亀岡市で開催されるのか?と皆様疑問に思われるでしょう。

海ごみの多くが町を流れる河川から海へと流出しているものが多く亀岡市も保津川(桂川)が流れている事から河川ごみの問題に取り組んでおられますが減少どころか深刻さを増しており対策が急務となっております。

海ごみサミットは過去9年間沿岸部の市町村で毎年開催されて来られましたが内陸部から海へと流出する問題を解決しなければ、海ごみ問題は、解決できない大きな問題だということで今回初めて内陸部での開催となりました。

明日は、支川や上流から流れ出すごみを実際に保津川下りの船に乗船してどんな場所に流れ着いているのか参加者にご覧いただき、漂着したごみを拾い集め調べるといったプレイベントを実施、その第一段「海ごみ探偵団」と題して亀岡市民、亀岡でお仕事をされている方が親子で参加されます。

タイミングが良い事に昨夜から降り続いた雨で保津川の水位が1メートル近く上昇(現在低下中)。

沢山の漂着ごみが各所に流れ着いております。

保津川遊船としましても河川や海ごみの惨状を一人でも多くの方に見ていただき海ごみサミットを通じて世論に訴えたいと思います。

また、この河川の漂着ごみを速やに回収しなければ、次の増水時に下流へと流れ出し、やがて海ごみとして海岸や海洋にまで流出する事を皆様に知っていただき、また今後は河川漂着ごみ海ごみの問題にまったく関心のない方にも深刻な問題だと関心を持っていただける様に仕掛けていかなくてはなりません。

そろそろ日本も使い捨て社会を根本から見直し卒業する時代が来たのではないかと考えます。

エコグリーン委員長

海ごみサミット2012
亀岡保津川会議

主催 一般社団法人JEAN
亀岡市実行委員会

後援
環境省 国土交通省
経済産業省 総務省
観光庁 水産庁 海上保安庁 他(申請中)