20120107150845.jpg 20120107153340.jpg 20120107150814.jpg 20120107153355.jpg

昨年11月20日エコグリーン委員長も参加した定例清掃会を実施された場所で不法投棄がなされていました。

場所は、保津川の支流である年谷川の柏原橋でJR嵯峨野線の三宅踏切と平行して掛かる橋です。

投棄された物は、チャイルドシートとブラインドのカーテンです。

不法投棄した人物は、チャイルドシートをしなくても良い年にまで子供が成長したのでしょうか?こんな親に育てられた子は一体どんな風に育つのか末恐ろしい気がするのは僕だけでしょうか。

とにかく警察へ110番通報をして警察官が現着されてから川底に投棄されたチャイルドシートを警察官の協力を得て回収しました。

ブラインドの方は、橋のガードレールの下に放置された形で置かれていました。

また、その外にも川底には、土嚢袋一袋分のビニールやコンビニ弁当等のトレーやレジ袋にくるまれた薬を飲んだ後の包みプラや氏名の書かれた薬局の明細が発見されました。

チャイルドシートを投棄した人物と同一人物かは、断定出来ませんが、警察官が現場検証とカメラで撮影し現任されましたので、後日投棄した人物には、警察からの連絡が有ると思います。

何故、地元の人間が平気で川へ捨てるのか警察官と理解に苦しむとお互い嘆いておりました。

回収されたチャイルドシート、ブラインド、土嚢袋は、後日亀岡市環境政策課さんにより回収していただきます。

不法投棄をする人間の為に善良な市民の血税を費やす事を投棄した人間に知らしめる為にも厳罰に処してほしいものです。

エコグリーン委員長