20110807172556.jpg

昨日の夕方四時半に保津川下り乗船場対岸のグランド付近にてエコステーション(ゴミ集積場)をNPO法人プロジェクト保津川さんのスタッフとして船頭からも三名参加してきました。

今年は、保津川遊船旧社屋が解体され更地になり、花火が大変見やすくなった為堤防一帯は、立ち入り禁止にされているにも関わらず皆さんそんな貼り紙も何のその。

大勢の観客が新乗船場から旧乗船場一帯を埋め尽くしていました。

いつも乗船場対岸のグランドで夜店が出店されるのでそちらから出るゴミを意識して回収に当たっていましたが来年度は、どうやら作戦を立て直さなければならないようです。

何故なら、乗船場付近で人が大勢集まり飲み食いをすれば、あちこちで散乱ゴミが発生し風でも吹けば川へ落ち流れて行くでしょう。

もちろん、みんなが放置して帰る人ばかりではない、ごく一部と思いたいところだが、ゴミの連鎖が始まるのは確かです。

ひとりが放置すれば、それが飛び火し、あちこちに散乱し始めます。

そんなゴミを未然に防ぎたくてエコステーションを始めましたが今年は、少し考えが甘かった事を反省。

来年度は、他の船頭達に応援してもらうしか手立ては無さそうだ。

明日の早朝5時45分から保津川花火大会クリーン作戦が行われる、船頭達も参加しクリーンな保津川でお客様をお迎えしたいと思います。

もう、そろそろ寝ないと明日が起きれない。

エコグリーン委員会