陽気の良い日曜日、お昼前になるとバーベキューの買い出しを済ませて続々と保津川の河原に車を乗り入れて

場所探し、折りたたみの4人掛けテーブルチェアーをセットする者、コンロの炭に火を鋳こす者、お肉や野菜、お箸、

紙皿をセッティングする者、すべて完ぺきで宴は、空が暗くなるまで続いた様です。

暖かくなれば、保津川では多くの方々がバーベキューをしに来られます。

大多数の方は、持って来た物は持ち帰られますが、心無い一部?の人間がこの様な醜態をさらして帰って行くのです。

たまには、バーベキューをされているところに行き、「ゴミは持ち帰って下さいね」と促す事も有りますが、

返事は「ハイっ」とするのですが「裏切られるのも度々」・・

それでも船頭達は、保津川に恩恵を受けている者として元の奇麗な

光景をいち早く取り戻すべくすぐ様行動です。

 今日も、大勢のお客様が、この保津川を訪れるのです。

日本国内のみならず海外からのお客様も大勢お見えになります。

船頭として、保津川を愛する人間として誰に見られても恥ずかしくない、

誇りに思える保津川を次代に残して行く為投棄する者に屈せずゴールデンウィーク

期間中のバーベキュー投棄ゴミと対峙して行きます。

エコグリーン委員会