本日(7月23日)は二十四節気の「大暑(たいしょ)」ですね。

保津川も Hot な一日となっています。

昨日は、夏の渇水対策のため、船頭衆が「川作部隊」を編制し、出動しました。

水位の低下により、河床が船底に接触しないよう航路工事を行います。

 

 

峡谷は、重機類が入れないため、基本人力で作業します。

激流の底に潜む岩に、ロープ1本で近づき、ワイヤーを岩に巻き付けて、引き揚げます。

この作業は、激流の圧力により、足元をすくわれ、下流へ流されることもしばしば。

6人の船士が代わる代わるに岩に挑んでいきます。

それは、まるで、鵜飼の鵜のようです(笑)

一日中、川の流れと岩と語らい(戦い)ます。

船頭の仕事の中でも、一番過酷な仕事が「川作」といっても過言ではないでしょう。

 

 

といっても、こんなロケーションで、食べる昼食は最高です!

 

舟底の接触しそうな岩を全部取り除いて一日の仕事は終わりです。

 

 

仕事が過酷なだけに、やりがいのある仕事でもあります。

仕事を終えてみる保津峡は、いつもより輝いて見えます。

 

自然相手の仕事に、絶対という言葉はありません。

日々、自然と対話しながら、安心安全を体をはって作り出していくのです。

それは、お金では買えません。

安心安全=priceless ですね。

 

 

 

船士魂