20100709112140.jpg

「アオサギ」は、世界中
いたる場所に分布しているそうです。

日本では、生息数が増加しているみたいですね。

船が「アオサギ」の近くを通過しても、あまり逃げないんですよ。

何故なら「アオサギ」は、保津川下りの船が、危害を加えないと認識しているのでしょうね。

何せ、保津川下り404年の歴史が有り、「アオサギ」も親から、あの船は危害を加えないと教えてもらっているのでしょうね。

野鳥好きの皆様、他にも五位鷺や、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カワセミ、カワウ、カワガラス、キセキレイ、セグロセキレイ、オオバン、キジ、カルガモ、イカルチドリ、メジロ、ヨシキリ等に出会えるでしょう。

そんな野鳥ファンの皆様保津川下りを体験しながらバードウォッチングなんかされてみてはいかがですか?

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

taka