130126_084202.jpg

今朝は、寒気団の影響で一時雪雲に覆われた天候でしたが、一番船が出航する頃には雪雲も晴れ渡り、陽射しが照りつけてくれました。

北風吹く陽気でしたが、ご予約も頂いていたお陰で、冬期船には珍しい9隻の船が運航しました。

今日、私の船に乗船して下さったお客様は、奈良県から観光バスでお越しの21名様のご一行様でした。

お客様との会話に、保津川下りが登場したサスペンスドラマを観てくださった方、お客様のお一人に、渓流釣りをされる方がおられ、釣りのお話等、色々とご説明以外の会話もでき、お客様も満足してくださり、また船頭も和やかな雰囲気で1時間半の保津峡の船旅をご提供する事が出来ました。

冬期船は、保津川下り407年の歴史が有る中40年足らずと歴史が浅いです。

認知度も非常に低く、まだまだ営業努力が足りないのが現状です。

冬イコール川は寒い

冬イコール保津川下り
お休み

のような固定観念がお有りの様です。

これからの保津川下りは、どんどんと冬の保津川下りのPRを展開して参りたいと考えております。

冬の保津川下りは、静寂の中を下り、時には荒々しいしぶきが眼前に飛び込んで来たり、また、時には動物たちが一生懸命生きる姿に遭遇すると、自然界が持つ逞しさや偉大さにいつしか心が洗われるようです。

今日、お越しくださったお客様、誠にありがとうございました。

またお会い出来ます事を楽しみにしております。

taka