20100525165430.jpg 20100526113627.jpg 20100526120608.jpg 20100526120715.jpg 20100526171442.jpg 20100526171507.jpg 20100526171808.jpg 20100526171826.jpg 20100526120840.jpg 20100526164100.jpg

ようやく、夕方に運行再開出来る水位に下がり、明日の朝一番に「試船」を出し航路の安全確認の後、5日振りの再開です。

今回の豪雨は、各地に甚大な爪跡を残して行きました。

遊船にも、甚大な被害がでました。

普段船溜まりを堰止めている箇所が決壊して、その復旧工事を早朝から夕方日が陰るまで続きました。

ショベルカーのオペレーターさんは、手慣れた方でいつも決壊したら来て頂ける頼もしい存在です。

船頭やいつも船を運んでくれている運転手さんは、トラックやクレーン車に乗ってテトラポットを運んだり吊り上げたりと忙しくしていました。

それでも、今日中には終わりそうに無く明日も続く見込みです。

後、保津川の至場所に凄まじいゴミが流れ着き景観を損ねています。

この件に関しましては、保津川遊船にエコグリーン委員会という組織が有り、また亀岡市環境政策課さんや、ラフティングカンパニーの方々で時間は掛かりますが、美しい自然景観を取り戻すべくみんな一眼となりゴミと対峙して参ります。

そんなこんなで僕はというと、船溜まり近辺の漂着ゴミを拾い集めていました。

写真にも有ります様にペットボトルや古タイヤ等々を。

すると、「バタバタ」と目の前に「キジ」が出没したではありませんか。

普段から良く見掛けるのですが、至近距離に現れたのは驚きです。

思わず携帯で撮りました。

何はともあれ、大雨でも無事に元気に生きている事に敬意を表します。

この4日間運行中止により大変ご迷惑をお掛けしました皆様に心よりお詫び申し上げますと同時に自然相手の事とご容赦をお願い致します。

taka