20100920102651.jpg 20100920102713.jpg

彼岸花が咲く季節となり亀岡盆地の各地では稲刈りが行われている光景を目にします。

昔は稲木に掛けて干す農家が総てでしたが今は、コンバインで刈り取り、米を袋に入れ乾燥機まで運び
また袋から出して乾燥機に投入して乾燥させるそうです。

精米された後に出る籾殻を田んぼに戻して燃やされ、その煙が漂ってくれば秋なんだなぁ〜と感じます。

都会では感じれない匂いですね。

言わば、田舎のアロマテラピーなんです。

新米が市場に出回る季節食欲の秋ですね。

taka