20110125075901.jpg 20110125080021.jpg 20110125080118.jpg 20110125080254.jpg 20110125084353.jpg

今日は、昨夜から冷え込んだ影響でうっすらと雪化粧の京都市内の大学病院の病室からです。

鴨川が見渡せ五山も
鳥居型以外は総て見える
風光明媚な場所。

船頭takaは、長年酷使してきた腕が、とうとう悲鳴をあげました。

昨年12月に地元の病院で受診し左肘のレントゲンを撮って貰いました。

すると、左肘関節の骨が変形しており、こちらの病院では、手術が出来ないので大学病院の紹介状を書いて頂き、後日京都市内の大学病院に足を運びました。

この病院は、「世界トップレベルの医療を地域へ」を理念に掲げ地域医療に貢献されており、信頼するところです。

昨日から、手術前の検査や、リハビリテーションを受診し、船頭として長年従事してきた疲労や筋肉の無理な使い方の蓄積が肩や肘、膝、腰に出てきたのだと思います。

ですが、今日思い切って手術を受け完全にとは行きませんが、現状よりも良くなると肘関節のスーパードクターが仰ってくれましたので安心して手術を受けます。

3月10日春のオープン船開幕には、間に合うかは分かりませんが、全力を尽くして完治させたいと思います。

では、また術後に…。

taka