保津川より愛をこめて(*^ ^*)

黄葉へのいざない・・・。

『小倉山 一日千秋 きみをまつ』

寒い日が続きますね。
みなさん、いかがお過ごしですか?

この寒さで一気に紅葉した保津峡のもみじ葉たち。

先染めの紅葉はちらちらと散り始め、後染めのもみじ葉たちは今か今かとその時を待っています。

これからは、かえでではなく、山々に自生するコナラやクヌギなどの照葉樹が山を黄色に染めてきます。

奈良時代の万葉集では「もみじ」と言えば「黄葉」と書き、黄色いもみじを愛でたとか。これは、黄色は一番高貴な色(陰陽五行説)という考え方の影響をうけたものと言われています。
それが、平安時代に入り、日本人の美意識が再認識され、もみじといえば「紅葉」といわれるようになったようです。

さあ、小倉山も黄色を増してきました。
紅葉・黄葉クライマックスの保津峡にて、万葉の歌人が愛でたもみじ葉たちに愛(会い)に来ませんか。

 

 

20131129_0047_001

 烏帽子岩

 

20131129_0051_001

小鮎の滝

 

20131129_0054_001

 獅子ヶ口

 

20131129_0055_001

女渕

 

20131129_0000_001

女渕

 

20131129_0001_001

女渕

 

20131129_0004_001

女渕

 

20131129_0005_001

 女渕

 

20131129_0061_001

 朝日の瀬

 

20131129_0019_001

船戸

 

20131129_0070_001

 船戸

 

20131129_0074_001

書物岩(群書岩)

 

20131129_0024_001

奥の段 小倉山

 

20131129_0025_001

龍門の滝

 

 

20131129_0078_001

 龍門の滝

 

20131129_0029_001

大瀬 小倉山

 

20131129_0031_001

大瀬裏 小倉山

 

20131129_0033_001

大瀬裏 小倉山

 

20131129_0034_001

 大瀬裏 小倉山

 

20131129_0036_001

 嵐山

 

20131129_0081_001

 嵐山

 

20131129_0083_001

嵐山

 

20131129_0045_001

嵐山 渡月橋より

 

 

 

 

船士魂