9月4日からの運行中止・・・。

大雨洪水警報、ダムの放流、河川の増水、舟の避難とめまぐるしく過ぎたこの2日間。

本日なんとか運行再開となりましたが、今日も試練が私たちを待っていました。

 

これからは、プロジェクトXのテーマソングを口ずさみながらお読みください(笑)

 

 

水位が低下するにつれて、道中にある保津小橋に流木がひっかかり航路をふさいでいた!

 

 

株周りで人の腕が回せないほどの太さの大木!!

 

 

今日はだめかと思った・・・。

 

昨年7月の豪雨を思い返した。

保津峡でがけ崩れが起き、岩が航路をふさいだ。

岩の除去作業は難航を深めた。

さらなる豪雨・・・

さらなる増水・・・

さらなるがけ崩れの危険と隣り合わせ。

そんな経験をしてきた船頭衆にとって

やってやれないことはなかった。

 

川作部隊が出動!

川作部隊の隊長であり、元潜水士である船頭がワイヤーを株元にかけにいく。

この男、イケメンでもある(笑)

 

 

命がけの作業だ!!

 

すばやくワイヤーをかけて、クレーン車で川沿いを引っ張りあげる。

大木の重さと川の流れの抵抗で、タイヤが悲鳴をあげる。

 

 

さすが!川に生きる船頭衆の仕事だ!!

こんな状況でも、時には真剣に、時には冗談を言い合いながら作業する船頭衆は、はた目から見ると不謹慎と思われるかもしれないが、どんな苦難にも明るく立ち向かえる強さを持っていた。

 

 

なんとか航路から流木を撤去し、その後、試船※で全航路の安全確認をして、やっと12時に運行再開となった

 

自然相手の仕事・・・時には笑い、時には泣く・・・。

そんな仕事を誇りに想い、船頭衆は今日も保津川を下る!

 

 

明日からもみなさま、よろしくお願いいたします。

 

※試船
河川が増水したあと、航路の安全を確認する船。ベテラン船頭で構成される。増水の度に出動する。

 

 

船士魂