「保津川下りをした後、どこへ行きますか?」

というお客さんへの問いに、一番多い答えが

  

「天龍寺」

なんです(^0^)/

保津川下りした後の観光名所ランキング、堂々の第1位!!

保津川下りの降り場から徒歩約3分ですので、降り場から目と鼻の先にあります。

 天龍寺は、

臨済宗天龍寺派の大本山であり、正しくは霊亀山天龍資聖禅寺といいます。

南北時代、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために、夢窓疎石(むそうそせき)が開山しました。

また、詳しくは歴史ブログに書きます。

なんといっても、「曹源池庭園」(そうげんちていえん)が有名で、世界文化遺産に登録されています。

庭のバックには「嵐山」・「亀山」・「愛宕山」を借景とし、

日本庭園至上、最高傑作といわれています。

静寂な空気の中で、この美しい庭園を見ておりますと、俗世間で汚れた心を洗い流してくれるような気がしました。

きっと、行かれた方は、ここで座り、思い思いに感じることがあるのでは…

悟りの境地までは達せられなくとも、インスピレーションを高められることが出来るのではないでしょうか。

保津川下りして、ぜひ、行って頂きたいお寺です。

天龍寺総長さんから、詳しくお話しを伺いました。

今回、私たち保津川下りブログ委員会の取材に際し、総長さん・教学部長さんには、いろいろとお心づかいを頂きまして本当にありがとうございました。

(さいたに屋)