嵐峡や 妖しき川の音 花航路

らんきょうや あやしきかわのね はなこうろ

 

渡月橋を大堰川上流に向けて歩くと、闇夜に浮かぶ川舟ひとつ

嵐山花灯路期間中、屋形船の夜間運行が行われているようです。

漆黒の流れから、蠱惑的な嵐山を見上げる。

どんな景色なのでしょう・・・興味をそそられます。

露地行灯に照らされた妖しき石畳

漆黒の闇に浮かび妖しく光る舟

どこからか妖しき川の音が・・・

京都・嵐山花灯路 は明日(12/17)まで!

Don’t miss it !!

 

船士魂