照り梅雨や 熱き巌に 燃ゆる花

 

てりつゆや あつきいわおに もゆるはな

 

 

梅雨入り宣言はどこへやら・・・

連日気温が25度を越える夏日の保津川です。

 

渇水がささやかれ、雨露を乞う声が聞こえてきます。

保津峡の草木、そして巌も雨露を待ち焦がれています。

 

 

太陽の照りつける熱き巌に、岩つつじだけが、燃えるように咲いています。

 

燃ゆるような赤・・・。

 

それは、健気に咲く岩つつじのほとばしる情熱の証。

 

 

船士魂