つつじ燃え 小倉の峰を 春に染む

 

つつじもえ おぐらのみねを はるにそむ

 

 

保津峡の桜が散りゆく中、春の草木が元気に保津峡を彩ってくれています。

 

小倉山の峰にミツバツツジでしょうか、赤紫色のつつじが綺麗に咲いています。

 

それもこんな絶壁(名所・書物岩)で・・・。

 

 

小倉山のつつじもこのように咲いているのでしょう。参考までに亀山公園のつつじです。

 

 

まだまだ、すみれも健在です。

 

 

 

猫柳、雪柳、そして今からは、山吹、岩つつじ・・・

岩肌の隙間に根付き自生します。 その生命力の素晴らしさ!!

 

 

川の増水とともに、どこからか種が流れ着き・・・。

風に吹かれて、どこからか種が飛んできて・・・。

保津峡に春を運ぶ。

 

 

いい映画がそうであるように、やはり、いい脇役がいてこそ、主役が活きるというもの。

 

さあ、保津峡の春のドラマが今、クライマックスを迎えつつあります。

 

Don’t  Miss It  !!!!!!

 

 

 

 

船士魂