緑児や はじめましてと ぺこりかな

みどりごや はじめましてと ぺこりかな

 

春は桜、さくらと言うなかれということで・・・。

乙女花咲く保津峡では、今、楓の赤ちゃんたちが生まれています。

枯れた山々が、だんだんと、桜の薄桜色、そして若葉の萌黄(もえぎ)色に染まり始めています。

楓の緑児たちが、山々にはじめましてと恥ずかしがりながら、ぺこりとお辞儀をしているようです。

それはまるで、少女と少年の山の世界への入学式!

そんな初々しい保津峡の世界へと船出といきましょうか!!

 

※みどりご【緑児・嬰児】(近世初め頃まではミドリコ。新芽のように若々しい児の意)三歳ぐらいまでの幼児。(広辞苑第六版より)

 

薄桜色と萌黄色に染まり始めている女渕

 

 

大人の色香と緑児の初々しさ漂う嵐山

 

 

艶やかなる中之島公園の枝垂桜。ほぼ満開です!

 

 

さあ、明日はどんな出逢いが待っているのでしょうか・・・。

 

船士魂