初雪や 踊るこころは いずこへと

はつゆきや おどるこころは いずこへと

 

愛宕山が初冠雪しましたね。

いよいよ冬到来かなって感じです。

 

子供の頃は、雪が降ると心わくわくしたものです。

雪合戦

雪だるま

雪そり

つらら

水たまりの氷・・・etc

自然が遊び場で、遊び道具でした。

 

しかし、大人になるにつれ、雪が降るとこうなりませんか?

寒い

凍る

滑る

濡れる

遅れる・・・etc

自然は試練の場(笑)であるかのようです。

 

自然に抱かれし保津川下り、そして船頭、

自然のあるがままを受け入れ、喜びを見出す。

(雪の保津川2011)

 

来たる保津峡の雪景色を想い、ちょっぴり胸わくわくの船頭もいることでしょう!

そういう私も、南国生まれのため寒いのは苦手ですが、雪が降るとなぜか心躍ります(笑)

(雪の保津峡 2011)

 

心躍らせながら、雪降るのを待つ。

そんな営みもいいもんですよ。

 

ちなみに、保津峡の紅葉は健在ですよ!

 

船士魂