夢うつつ 異境誘う 秋霞

ゆめうつつ いきょういざなう あきかすみ

 

降り注いだ雨は霞となり

保津峡を白く包んだ

雨露は彩りを滲ませ

霞は彩りを淡くする

昨日までの保津峡は

夢かうつつか

霞は異境への招待状

 

(秋霞の女渕)

(秋霞の書物岩と小倉山)

(秋霞の嵐山)

 

本日、雨にも関わらず多くのお客様にご乗船いただきました。

ありがとうございました。

次回は、光煌めく保津峡にてみなさまをお待ちしております。

 

 

船士魂