朝靄や 白粉したる 紅舞妓

あさもやや おしろいしたる べにまいこ

 

 

昨晩からの雨もあがり

保津峡は靄に包まれた

 

妖艶なる女渕の紅葉も

白粉つけた舞妓のよう

 

ほんのり・・・

はんなり・・・

 

雨は嫌やというなかれ

 

雨は時に

保津峡を幻想的にする

 

そう私は

保津峡で舞妓に出逢った

 

 

船士魂