「細小波 しゃりしゃりしゃりーと 川を這う」

 

※細小波:いさらなみ。霧の異名。

 

 

丹波霧に包まれた亀岡そして保津峡・・・。

 

乗船場へ向かう道。

秋桜が細小波に浮かぶ。

 

 

 

霧に包まれた保津峡。

ざぁーざぁーざぁー 川の音

ぎぃーぎぃーぎぃー 櫂の音

しゃりしゃりしゃりー 霧の声

霧の保津峡。耳をすますと・・・。

しゃりしゃりしゃりーっと川面這う細小波の声が聞こえてきます。

 

 

船士魂