保津川より愛をこめて(*^o^*)

紅葉への誘い・・・。

 

『幾星霜 想い錦に 織りにけり』

 

2013年11月24日、保津峡・嵐山。

11月22日、NHK・ニュース9で紹介された保津川下り復活の象徴「いろはもみじ」。

先の18号台風で浸水したもみじ葉は、一度は枯れ流されました。そこから新芽が芽吹き、新緑のもみじ葉へと変わっています。

私たちがここ10年間植えてきた桜やもみじの多くが流されましたが、先人たちが残してきたもみじの多くは浸水に耐え生き残っています。

1本の「もみじ」に紅葉と新緑が見られる光景は素敵でもあり、感慨深いものがあります。

この新緑のもみじ葉たちから、私たちは復活への力をもらいました。

幾星霜を経て、自然と先人たちが創り出してきた保津峡。

紅葉と新緑のもみじ葉の光景は、自然と先人、そして私たちの想いと力を織り込んだ「錦絵」のような気がします。

 

20131124_0049_001

 宮ノ下。請田神社。

 

20131124_0050_001

 創建1300年の請田神社。

 

20131124_0058_001

 保津峡の入り口。亀岡盆地を望む。

 

20131124_0000_001

烏帽子岩付近。朝霧に煙るもみじ。

 

20131124_0003_001

 蒼霧の金岐の瀬。

 

20131124_0060_001

 豪快な小鮎の滝。

 

20131124_0064_001

 大高瀬。

 

20131124_0065_001

 小高瀬。

 

20131124_0073_001

 殿の漁場。小高瀬を振りかえり。

 

20131124_0006_001

 殿の漁場。トロッコ列車ともみじ。

 

20131124_0011_001

 女渕。紅葉と新緑の「復興のもみじ」たち。

 

20131124_0014_001

 孫六岩。

 

20131124_0026_001

 練り戸の瀬。西山を望む。

 

20131124_0035_001

 書物岩と小倉山。

 

20131124_0078_001

 小倉山。西山のパークウェイの保津峡展望台が見える。

 

20131124_0079_001

 錦繍の小倉山。

 

20131124_0080_001

萱抜きの瀬。小倉山と屈強なる船頭。

 

20131124_0081_001

 龍門の滝。錦繍の画帳。

 

20131124_0037_001

 小倉山とトロッコ列車。

 

20131124_0038_001

 大瀬付近の小倉山。

 

20131124_0100_001

 嵐山と亀山。

 

20131124_0102_001

 多くの観光客が渡る渡月橋。

 

20131124_0103_001

 錦絵のごとき嵐山、亀山、小倉山。

 

 

船士魂