保津川より愛をこめて (*^ ^*)

紅葉への誘い・・・。

2013年12月4日、保津峡・嵐山。

 

『保津川の 希望をのせて 行く秋ぞ』

 

本日も霧深い保津川。

この霧の中、エコグリーン委員会による植樹事業も行われました。

毎年この時期に行われる植樹ですが、今年は、台風18号被害に対するみなさま方の善意による復興記念植樹として行われました。

保津川に対し、熱いご声援とご支援をいただき、あらためてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

熱いご声援に応えるべく、これからも熱意をもって保津川を守り、保津川とともに生きていきます。

そう、名残のもみじが、最後の力を尽くして、保津川を、保津峡を紅く染め上げているように。

 

20131204_0000_001

蒼霧の保津峡。

 

20131204_0004_001

烏帽子岩。霧に霞むもみじ葉たち。

 

20131204_0009_001

丹波(亀岡)はまだ霧の中・・・。

 

20131204_0011_001

大高瀬。銀色の波間をゆく舟。

 

20131204_0013_001

殿の漁場。名残のもみじ葉たち。

 

20131204_0016_001

最大の急流・獅子ヶ口のもみじ葉は、流れとはちがっておしとやかに。

 

20131204_0018_001

女渕。最後の煌めきに魅せられて。

 

20131204_0019_001

女渕。紅、緋色、紅緋、深緋、赤丹、金茶、朱色、橙、青朽葉、鶸色、さまざまな伝統の和色・・・。

 

20131204_0023_001

女渕。台風18号災害・復興記念植樹。希望をのせて・・・。

 

20131204_0026_001

女渕。紅の女に後ろ髪ひかれて・・・。

 

20131204_0030_001

鵜飼ヶ浜。山のもみじ葉たち。

 

20131204_0031_001

書物岩(群書岩)。絶壁を可憐に彩る。

 

20131204_0032_001

茅抜きの瀬。紅の着物と帯を纏いし小倉山。

 

20131204_0033_001

大瀬。山の陰りに紅く染めゆく小倉山。

 

20131204_0034_001

千鳥ヶ渕。錦繍の錦絵・小倉山。

 

 

今回をもちまして、「紅葉への誘い」は一旦終了いたします。

短い期間ではありましたが、日々の保津川のもみじ葉たちの移ろいを紹介してきました。

「紅葉への誘い」また来秋にお逢いしましょう。

ありがとうございました。

 

次はなににしようかな?!

次は嵐山で初冬に行われる「あれ」ですかね(笑)

 

 

船士魂