船頭ブログに、おこしやす~m(UU)m

 

ただいま京都は、祗園祭一色、

仕事前に僕たちは、祗園祭の「山鉾建て」に行ってきました。(^0^)/

といっても、見物だけですが…(^^;)>

先輩の船頭Mさんが、「南観音山」の組み立てられるということなので、

影ながら応援しつつ(^0^;)、ホンマデッセ…

組み立て作業を見学させて頂きました。

四条通りから新町通りを北へ、

錦小路通りと蛸薬師通りの間、京都銘菓の「おたべ」さんの本店前で作業は進まれていました。

 (南観音山の土台というべき「石持ち」という材)

見てください、この太い木材を!!

大変な重労働であろうと思いますが、

男衆の顔は、常に笑顔…

さすがです!(^0^)

骨組みの材は、こんなに沢山…

それを、大工さんと男衆たちが手際よく組み立て始められ、

木と木の組み合わせは、釘や金具などを一切使いません。

四隅の柱は片方から縄でひっぱり起こします。

どんどん、作業は進み…

段取りよく、このようになります。

しかし、骨組みは、これで終わりではありません!

木材を固定するために、「縄がらみ」という伝統技法で巻かれ、

これが、なかなか大変そう…

みなさん、汗だくです。

組み立てを見ていましたら、

僕も男ですから、手伝いたいという気持ちは一杯なのですが…

段取りがわからない者が入ったら、逆に足をひっぱりご迷惑をかけてしまうはず。

ということで…

頑張っている先輩をしり目に、

高みの見物でした(^^;)>

いやぁ~

おたべさんの二階は、涼しかったです(^0^)

その際、おたべさんの社長さんには、いろいろとご説明いただきましてた。

本当にありがとうございました。

 

(さいたに屋&寿)

次回も祗園祭を書きます(^0 ^)/