秋の行楽シーズンも本格的にむかえ、

船の航路にある邪魔な石を除去、安全確保の作業に行きました。   

11月だというのに、朝から暖かくラッキーなスタートです。

朝靄につつまれた保津川は、風景的にはすごい自然の残った田舎という感じ。

とてもとても、大都市京都のすぐそばとは思えないですよ。

で、毎度おなじみの、急流の中に入ってのきつい作業にはいりまーす。

難所のひとつ、獅子ヶ口の瀬!

ここが、いしごろごろ!

たくさんの石を岸まであげて、終わるころはすっかり夕闇になりました。

でも、きれいなライトアップが見れて、ラッキーだったかも・・・

トロッコの線路側から照らされる対岸の紅葉。

保津川から見える、松頼庵(元近衛侯爵の別荘)の紅葉のライトアップ!

みごとに綺麗でした!!!

 

さ~て、くたびれたし帰ります。

 

T-ATSU