昨日、水量の低下に伴い舟の通る場所に岩などがあると

舟に当たり舟を傷めてしまうもしくは船が通れなくなる

などの不具合などが出てくるので

水路(みと:舟が通る道)を確保するために

岩を退けたりする作業

川作を行ないました。

 

この川作も舟を流す技術と同じく

僕ら船頭が400年間引き継いでる技術の一つです!!!

朝一番に下った舟から

 

至急川作せなあかんわ!!!

 

とのことで緊急徴集がかかり昼からの出動となり

今回は、三支部の先鋭部隊六名が行うことになりました!

この写真を見て勘違いされるかもしれませんが

バカンス♫に行くのではございません^_^;

 

川の中で作業するため(怪我の予防)ラッシュガード、ウエットスーツを着ます!!!

 

川作を行なう現場までは、かなりの数の道具などを持っていくため基本舟で行きます。

 

川作専用の船もあり泥だらけになろうが、

岩にぶつけようがノープロブレム!!!

 

 

 

今の季節、川作は炎天下でかなりの重労働ですので

作業終了すると体を冷やすため川に浸かります(^^♪

帰りの船で嵐山に着くとみんなぐったりとしてしまいます。

 

ん!!!

 

ここで何か気付かれた方!!!

 

作業風景が一切無いやん!!!

 

・・・・

 

^_^;

 

 

すんません^_^;

 

 

現場に到着し時間が無いので急いで作業に入ったために

 

写真を撮る事を完全に

 

忘れてました・・・・(爆)

 

 

 

次回川作レポートお楽しみに(^^♪

 

 

ryota