急流が終わると、そこはもう嵐山。

売店船がドッキングしてくるのは、ご存知の方もおおいはず・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、本店にあたるお店が嵐山のふもとにあること、あんがい知られてないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

売店船の見えているところが、琴が瀬茶屋。

着船場の真向かいにあります。ここのもみじが、紅葉のときはとくに綺麗になるところ。

夏も直射日光が当たらず、谷川もながれてて、とてもすずしいところなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じのお店!!

ときどき、お船の仕事がないときにお邪魔して、くつろぎに来る船頭も多いんですよ。

マイナスイオンもタ~っプリ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

お店からは、渡月橋の向こうに東山に比叡山が展望でき、なかなかの眺め・・・

中はこんなセッティングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「河畔で食べるうどんは一味違う」  船頭Y談。

 

 

 

 

 

 

 

 

一度足を運んで、自然の中で涼をとるのも楽しいですよ。

行くのは簡単!

着船場を降りて、渡月橋南詰めを右折。嵐山通船さんを横切り約300mの位置です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中こんな風景があったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで到着!

 違う角度から保津川を眺めてみては・・・いかがですか!!!

琴が瀬茶屋から・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 T-ATSU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでなら保津川下り経験者なら、よくご存知!

しかし、本店にあたるお店が嵐山の河畔にあるの知っている人は、あんがい少ないんですよ。