20141127_0071_001

 

『小倉山 峰のもみぢば 心あらば

       今ひとたびの みゆき待たなむ』

 

小倉百人一首 第26番 貞信公

 

(現代語訳)

小倉山の峰の紅葉よ。あなたに人間の情がわかる心があるなら、もう一度天皇がおいでになる

まで、散らずに待っていてくれないか。

 

只今、京都嵯峨の名山・小倉山の紅葉が見ごろを迎えつつあります。

みなさまがご乗船されるまで、どうか散らずにみなさまを待っててくれ!という想いでいっぱいです。

 

 

20141127_0009_001

殿の漁場

 

20141127_0014_001

獅子ヶ口

 

20141127_0025_001

20141127_0033_001

20141127_0037_001

女渕

 

20141127_0054_001

船戸

 

20141127_0061_001

三竿の瀬

 

20141127_0062_001

奥の段 小倉山

 

20141127_0141_001

三竿の瀬 小倉山

 

20141127_0152_001

武士ヶ古場

 

20141127_0071_001

大瀬 小倉山

 

20141127_0079_001

20141127_0080_001

大瀬裏 小倉山

 

20141127_0087_001

嵐山と屋形船(笑)

 

※最後の写真は、一般の方が作成され、嵐山に浮かんでいるバービー船頭の屋形船(笑)です。嵐山にお越しの際はさがしてみてかいかがですか?!

 

2014年11月27日 保津峡、嵐山

 

 

船士魂