20121004-120045.jpg
この写真は、保津川の小鮎の滝を曳きあげる昔の写真です。
当時、ポストカードとして販売されていて、カラーなのは、白黒写真に染色する専門家がいたようです。
特に、明治・大正・昭和初期に、海外からの訪日観光客にポストカードが非常に人気で、
古い日本の貴重な写真が、海外で発見されるということもよくあります。

20121004-125047.jpg(現在の小鮎の滝)
しかし、
落差2mある小鮎の滝を、昔の船頭は、本当によくあげたものです!
本当に恐れ入ります(^◇^;)

イギリスの写真家のハーバード・G・ポンティングは、1903年〜1906年に日本のことを記録した著書『この世の楽園・日本』で、保津川の曳き船のことを書かかれており、
当時の船頭が小鮎の滝を曳きあげる場面を克明に記録しており、強靭な船頭の仕事ぶりを非常に絶賛しています。

20121004-125502.jpg
今でも、日本語訳版になり書店でありますので、ぜひ、お買い求めてみてください。

それでは、悠久の保津川の歴史を味わいながら保津川下りをお楽しみ下さい!
(さいたに屋)