130718_101642.jpg 130718_114715.jpg 130718_104844.jpg 130718_152050.jpg 130718_114610.jpg 130718_122152.jpg

昨日は、祇園祭山鉾巡行が行われ多くの観光客の皆様が入洛されました。

今日は、山鉾巡行を見物された方が多く保津川下りへお越し下さいました。

そんな中、早朝より保津川一斉清掃を船頭達で行いました。

着船場までの16キロの道のりの各所に漂着するごみを陸部隊と船部隊に別れての清掃を行い土嚢袋に200袋のごみを回収しました。

清掃しても清掃しても押し寄せるごみ。

人様が生活から出したごみを不法に投棄したり、ごみの日に、出したごみをカラスにつつかれ散らかったごみが風に飛ばされ河川に流れ出したり、農家が水口の止水に使う肥料袋が流れ出したりと漂着するごみの出所は様々。

保津川に生きる船頭だけでこの漂着ごみの問題は、解決出来る問題では有りません。

何時の日か100年前の清流に戻せる事が出来るのでしょうか?。

エコグリーン委員長