20110808054008.jpg 20110808055326.jpg 20110808051216.jpg 20110808051422.jpg 20110808051125.jpg 20110808051106.jpg 20110808050625.jpg 20110808050651.jpg 20110808054033.jpg 20110808050823.jpg

昨日の早朝5時半より集合し亀岡平和祭保津川花火大会クリーン作戦が栗山亀岡市長や亀岡商工会議所会頭より開会のご挨拶があり清掃は始まりました。

保津川遊船からも理事長を筆頭にエコグリーン委員長や有志の船士が参加しました。

四年前までは、花火大会の翌朝は、亀岡駅周辺から遊船乗船場一帯、保津大橋一帯、保津町の花火打ち上げ場所に面した道路は、足の踏み場もないぐらいにゴミが散乱しており花火大会翌日にみんなで清掃をすれば良いという考えかゴミ箱が非常に少なく、ゴミは持ち帰りましょうでした。

有ったとしても瞬く間にゴミ箱からゴミが溢れ出す状態でした。

ですが、三年前からNPO法人プロジェクト保津川さんが取り組んでいるエコステーション(ゴミ集積場)を設置されスタッフがステーションに常駐し分別回収の呼びかけを行い威力を発揮されました。

翌朝の清掃が大幅に短縮され、また花火大会が終わった後の周辺を見渡しても、以前のような散乱したゴミが大幅に減少しました。

特に亀岡市は市民に分別回収を徹底している街ですから、市民の皆様も分別回収には協力的です。

今年からは、亀岡ローターアクトクラブの皆様が亀岡駅南口駐輪場前にてエコステーションに参加して下さり亀岡駅南口のストリートの散乱ゴミをシャットアウトして頂けました。

こういったボランティアの輪が少しずつですが広がりを見せ、クリーンな花火大会で終えられると来年もまた花火大会を開催して欲しいなと思います。

何はともあれ、体力勝負の活動です。

来年度は更にエコステーションに携わって頂けるボランティア団体が増える事を願います。

亀岡平和祭保津川花火大会の関係者の皆様大変お疲れ様でした。

エコグリーン委員長