120429_170239.jpg 120429_170253.jpg 120429_170313.jpg 120429_170506.jpg 120429_125453.jpg

昨日(28日)、今日(29日)と絶好のBBQ日和でしたが、昨日(28日)の日中には、ひとグループもBBQをされていませんでしたが、遊船の営業が終了した後に数名がBBQをした模様。

船を準備している時に散乱したBBQごみを確認!。

久々に二回下ってヘトヘトな体に鞭打って回収。

今回は、元エコグリーン委員の同僚と二人だったので短時間で済みました。

回収している最中にも2グループがワイワイとBBQをされていたので、毎回清掃をしている旨をグループにお伝えし、来た時き寄りも美しく帰って下さいと約束して貰い撤収しました。

川で商いをしていましたら、今までに色んなグループを目にしてきました。

例えば、BBQをした後の缶やトレー、炭の箱を燃やして帰る者、結局空き缶等の燃えないごみが残ります。

最後は、焦げたごみの無惨な状態が残る始末。

また、BBQをした後のごみを燃やした火にタンス等の木製家具や、プラスチックの収納ケースをくべて大きな焚き火をして帰ろうとしたのを目撃した時は、さすがに温厚な私も堪忍袋の緒が切れ猛烈に注意をしに向かいました。

焚き火くらい良いのではと思われる方も居られるとは思いますが、家具は、様々な金属類が使われている為燃えた後にはそういった金具が残ります。

プラスチックもそうです。
溶け固まり焦げたプラスチックを良く見かけるんです。

それも、こんな場所にというような保津峡の渓谷に漂着してるんですよ。

僕は、自然が大好きで船に入りました。

僕は、ごみを川へ捨てて帰る教育は誰からも受けていません。

捨てて帰る者は一体どこの誰にその様な教育を受けたのだろうか?知りたいものです。

ごみを捨てて帰る者は自然の中で飲み食いしないで下さい。。

お願いですから自然を汚さないで下さい。

宜しいでしょうか?。

エコグリーン委員長