20100422153815.jpg 20100422153851.jpg 20100422153909.jpg 20100422153933.jpg

昨日、22日朝一番船で下っていた最中、殿の漁場近辺に建築廃材が不法投棄されていました。

 船からの状況なので、その時点では、何が投棄されていたかは、

判断がつきませんでしたが、唯一分かった事は

 

、以前亀岡市が埋め立てゴミの袋として指定されていたゴミ袋に入れて投棄されていたと言う程度でした。

 その時、乗船されていた広島からお越しになったお客様も一様に驚かれていました。

 私たちは、またしてもやられたと愕然としました。

不法投棄をされた事で内心腸が煮えくり返っていましたが、

その場は気分を切り替えて、

せっかく雨でもキャンセルせずに来てくださったお客様に最大のサービスを提供するために挽回しました。

 そして、無事嵐山に到着してお客様にお礼の言葉を述べた後は拍手で応えて頂きました。

 それから遊船乗船場に戻って早速不法投棄された現場まで車を飛ばしました。

やはり、府道から川に目掛けて投棄されていました。

 川と道が平行している場所なんです。

 道から川までの距離は、25メートル程有る断崖で道から川までゴミが散乱した状態でした。

 これは、保津川を綺麗にしようとしている人間に対する挑戦なのか?

 険しい場所に投棄されたゴミ、どの様にして処理しようか、じっくり思案して挑みたいと思います。

 また後日報告致しますね。

 エコグリーン委員会