7月12日から数日ここ亀岡にも集中豪雨が降りしきり、大量のゴミがまたもや保津川にもたらされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日、水位も安定し船を出動させて保津峡渓谷の清掃を実施しました。

 

 

 

 

 

 

 エコグリーン船をこしらえ(準備)して8時に乗船場を出航です。

まず、保津小橋の少し上流左岸に、農業の畔シート、肥料袋、コンビニレジ袋、スーパーレジ袋、etcを回収しました。

 今回は、保津橋で4メートル近くまで水位が上昇し、各所で崖崩れが起きて保津峡には復旧工事が完了するまでは、

車で近づく事が出来ずにいましたが、ようやく復旧工事も済まされ保津峡までの車の往来が可能となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、午前の部と、午後の部に区切っての清掃です。

午前の部には、2支部が乗船場から保津峡迄を担当、午後からは保津峡から渡月橋迄を担当してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 私も(委員長)午後の部担当の山本支部と乗船場から車で保津峡へと向かいました。

保津峡には、上記に記したゴミの他に漂着した空き缶が大量に打ち上げられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、この様なゴミが大量に打ち上げられ、美観を損ねております。

 

 

 

 

 

 

JR保津峡直下で拾い集めたゴミは7名で、バケツリレーで船に積み込みます。 

30分程で土嚢袋15袋にタイヤ1本。

もう少し時間が有れば良いのですが下流にもまだまだ、高木に肥料袋や農業マルチにスーパーのレジ袋、

等々が拾って貰えるのを今か、今かと首を長くして待ち構えている様な気がしています。

次に向かった先は、トロッコ保津峡駅向かいの水位計の周辺です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 険しい斜面に生えている木々に引っ掛かる肥料袋、コンビニの袋、スーパーレジ袋、をコツコツ回収。

 

 

 

 

 

 

 と、こんな感じで16キロの道のりに引っ掛かっています。

取りあえず今日の目標とする個所を清掃出来たので、撤収です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 流れ出す石清水にホット癒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 無事、嵐山渡月橋クレーン場に到着です。

この後トラックに積んで貰い船からゴミを降ろすのは明日にします。

みんな、お疲れさんでした。

エコグリーン委員会